本と山と東大生活

理系東大院生の読書日記とそのほかいろいろ

小林多喜二『蟹工船』 -これ現代の話では?

ずっと読んでみたかった『蟹工船』をようやく読めました。 きっかけは kindle を購入したこと。青空文庫で,著作権切れした過去の名作を無限に無料で読めるのは大きい。どこでも無料で暇つぶしができてしまう。最強か? そういうわけで読んでみたところ,思…

修論発表が終わったので大学院生活を振り返る

先日、修士論文の審査会を終え、修論作業が完全に終了しました(厳密には、まだ修論の修正・再提出が残っていますが)。 審査会ではそこそこクリティカルな質問をびしびし食らい、炎上というほどではないにせよ厳しい意見も多くいただきましたが、おそらく審…

【限界しりとり】「る」で始まって「る」で終わる言葉

最近,QuizKnock から「限界しりとり Mobile」というアプリがリリースされました。 play.google.com QuizKnock は東大王の伊沢さんを始めとする東大生が中心となっている,クイズとかそういうのに関する団体(詳しくは知らない)で,色々なルールのクイズに…

青崎有吾『水族館の殺人』 -期待通りだけどちょっとずるくない?

『体育館の殺人』の続編。高校生たちが主要登場人物を占める、雰囲気軽めの現代風本格ミステリという感じで、前作は結構好きだったので期待していました。 『体育館の殺人』の感想は↓ www.i-think-i-can.net 前作を読み終わった時点でシリーズ化されているこ…

修士論文を書いてわかった “Done is better than perfect.” のもう一つの意味

昨日,修士論文を提出しました。 まだ発表が残っているので修士での研究が終わったわけではありませんが,ひとまずほっとしています。 1 年半前には,留年が決まって中退まで真剣に検討していたことを考えると,我ながらよくここまでこぎつけることができた…

紙の本信者が kindle を買った感想

本は紙しか認めない! 電子書籍はクソ! という立場だったんですが、この間の prime day で kindle が安くなっていたので誘惑に負けて買ってしまいました。 買ったのはコレ。セールで5980円。 Kindle (Newモデル) フロントライト搭載 Wi-Fi 4GB ブラック 広…

2019年前半に読んだ本など

お久しぶりです。 研究モチベが上がったのと引き換えにブログモチベが暴落し、半年以上更新していませんでした。 このまま辞めてもよかったんですが、ちょっともったいないと思ったので、更新再開してみます。続くかわかりませんが。 読んだ本 覚えているも…