本と山と東大生活

理系東大院生の読書日記とそのほかいろいろ

東大

修論発表が終わったので大学院生活を振り返る

先日、修士論文の審査会を終え、修論作業が完全に終了しました(厳密には、まだ修論の修正・再提出が残っていますが)。 審査会ではそこそこクリティカルな質問をびしびし食らい、炎上というほどではないにせよ厳しい意見も多くいただきましたが、おそらく審…

修士論文を書いてわかった “Done is better than perfect.” のもう一つの意味

昨日,修士論文を提出しました。 まだ発表が残っているので修士での研究が終わったわけではありませんが,ひとまずほっとしています。 1 年半前には,留年が決まって中退まで真剣に検討していたことを考えると,我ながらよくここまでこぎつけることができた…

東大生は勉強ができる

最近、「東大を舐めるな」という主張や、それに呼応した「みんな東大を舐めたがっている」みたいな記事がバズってました。それに少し関連して、書きたいことを書きます。 言いたいことは、タイトルの通りでほぼ全てです。 東大生は勉強ができます。 しかし、…

研究と勉強のちがい

理系の大学生の多くは、3年生か4年生になると研究室に配属され、研究に励むことになります。 当然それまでは授業を受けて勉強しているわけですが、「勉強」と「研究」は似ているようで全く別物です。勉強はできたけど研究に行き詰まって留年・中退してしまう…

留年決定

えー、タイトルの通りです。正確には、卒業が延びたというべきでしょうか。 前々から学業がうまくいっていないことをちらちら匂わせてはいましたが、まあなんだかんだありましてそういう運びになってしまいました。 なんだかんだとは言っても事は実に単純で…

東大生の考える受験勉強のコツ

もうすぐ東大の合格発表らしいです。今年度の受験シーズンが終わるということは、次の受験シーズンの始まりですね。 というわけで、受験勉強のコツについて書きます。 ※あくまで僕個人の意見です。納得いかなかったりしても勘弁してください。 もう最初に言…

東大生は暗い?

先日、Twitter見てたら、プロフィールに慶應志望って書いてある人を見つけまして。 その人の最新ツイートでは、友達らしき人と「東大は目指さないの?」「だって東大なんて陰キャしかいないじゃん」と話してまして。 嫌いだなーと思いました。 その人のアカ…

「東大は誰でも入れる」のか

「東大生の」なんて銘打ってる割にそれっぽい記事を書いてなかったので、ちょっと東大について書いてみます。 ちょうど昨日今日が国立大学の二次試験なので、それに関わるお話です。 ちょっと前にどこかのブログで「東大は誰でも入れる」という言説を目にし…