友がみな我より偉く見ゆる日

読書とか登山の記録とか

伊藤計劃『ハーモニー』 -わたしの身体とわたしの意識

僕はこれを読んで、エヴァンゲリオンの人類補完計画を思い出しました。 エヴァにおける主人公シンジくんは、人類補完計画が何なのかわからないまま場当たり的に戦わざるを得ませんでしたが、『ハーモニー』ではその真意と真っ向からぶつかっていきます。 以…

ずぼらが一人暮らしすべきでない10の理由

ずぼらにはまともな一人暮らしは無理です。実体験です。 食器を洗えない 料理は意外と面倒じゃないんです。いや面倒なんだけど。 料理自体よりも、使い終わった食器を洗うことのほうがずっと面倒。というか無理。 普段からシンクには食器が積まれてるし、ち…

一人旅のすゝめ -日光

先日、発表が終わって一段落したので、この3連休の一部を使って、一人旅に行ってきました。行き先は日光。男体山に登るのが目的でした。 ガリガリ発表準備してる間にどうしても山に行きたくなり、近場で行けそうな男体山に行くことを水曜日くらいに決めまし…

今世紀最強の「何も起こらない」ラブコメ、『うたかたダイアログ』

『うたかたダイアログ』というマンガを知っていますか。 少女漫画雑誌の老舗、「花とゆめ」の姉妹誌である「ザ花とゆめ」で連載されている作品ですが、残念ながらまだ知名度はそんなに高くないようです。というか、「ザ花とゆめ」自体が超マイナーなんじゃな…

最近の個人的ヒットマンガ

・戯けてルネサンス 『繋がる個体』の山本中学さんの新作。いじめから逃げて元女子校に入学したナイーブな少年の話。 人付き合いが苦手な主人公の空回りっぷりがなかなかキョーレツ。イライラするのと応援したいと思わされるのと、ギリギリのバランス。 まだ…

リードされながら時間を稼いだサッカー日本代表の是非

お久しぶりです。 サッカーワールドカップのグループステージが終わりましたね。敗退確実と思われた日本でしたが、様々な要素に救われて決勝トーナメントに進出しました。素直に嬉しいです。内容も、2戦目のセネガル戦までは良かったと思います。 今回は、3…

僕の挫折と、逃げると逃げグセがつく話

大学に入るまで、いわゆる「学生の本分」と呼ばれる分野で挫折したことがありませんでした。 授業さえ聞いていれば勉強はできたし、期末テストの前にちょっと勉強すればクラスでも学年でもトップクラスでした。幸いにも勉強は得意分野で、常に頭がいいと言わ…

経ヶ岳バーティカルリミットに出場してきました

昨日、経ヶ岳バーティカルリミットというトレイルランニングの大会に出場してきました。 経ヶ岳バーティカルリミット ↑これ。 標高2296mの経ヶ岳という山に登って下りてくる、シンプルなレースです。 距離は21km、獲得標高は1650m。およそ10kmで1650mを登る…

炊飯ジャーにおける非無洗米の無洗炊飯に関する研究

1. 序論 近年、炊飯前の洗米行程を必要としない無洗米が広く流通し、米を研がずに炊くことも当たり前になりつつある。一方で、無洗米でない通常の米(精白米)も未だ根強いシェアを持ち、洗米が必要であるという面倒さを考慮に入れても精白米を購入する層が…

ブックオフGWセールなどで買った本

欲望に任せて買い物をしました。やっちまったぜ。 ブックオフセールで買ったもの ・バクマン アツかった。うまくいきすぎじゃんって感じももちろんするけど、マンガだから。 個人的には平丸さんと蒼樹さんの恋が一番読んでて面白かった。 ・ブレッド&バター…

4月のアクセス数

このブログの4月のアクセス数を発表します。 デレデレデレデレデレデレデレ じゃん こんなんでしたー。 このスクショを撮ったのが4月30日の夕方で、そこから夜までに38アクセスあったので、厳密には1620でした。 先月より減りましたねー。ぱっと考えられる原因は、 …

新潮社筆記試験レポ

新潮社もESが通りまして、筆記試験を受けてきました。日曜にやるのはやめてほしいんだけど。 前にも書いたけど留年(厳密には卒業予定時期の延期)しまして、したがって今年の就活は内定しても意味ないんですよね。レジャーです。 www.i-think-i-can.net 前…

サッカーW杯での日本代表のご活躍をお祈りしております。

ちょっと古い話題だけど、ハリルホジッチ監督解任について。なんでサッカーファンが発狂するのか。 昨日、解任になったハリルホジッチ監督の会見があったそうですね。文字起こしを見た限りだと、普通にブチギレてますよね。そりゃそうだ。 もうサッカーはや…

『あしたはひとりにしてくれ』 竹宮ゆゆこ史上初の非恋愛小説

竹宮ゆゆこが、好きです。 実は『わたしたちの田村くん』は読んだことがないけれど、それはさておき、好きです。 『とらドラ!』は僕の青春時代に深く突き刺さってるし、『ゴールデンタイム』はムムム感あったけど結局愛しさだけが残ってるし、『知らない映…

気が狂ってフルマラソン出たら大変なことになった

3月、留年が決まったあとに気が狂って衝動的にフルマラソンに申し込んでしまいました。 しかし、同じく3月、股関節を痛めてしまいました。おかげで全然トレーニングなんてしてません。それどころか、先日整形外科に行き、安静にしろって言われたばかりです。…

短編書きました 『桜並木のはしっこ』

懲りずにエブリスタに短編小説を投稿しました。 estar.jp 今回は恋愛ものを書こうとしました。 前回同様、エブリスタの「超・妄想コンテスト」に参加しています。今回のテーマは「桜の木の下で」。テーマを与えられると(面白いかどうかはともかく)着想が楽…

東大生の教えるおすすめのバイト

バイトについて書きます。 東大生のやるバイトっていうと、塾講師や家庭教師が鉄板です。僕もやったことがあります。しかし、それ以外にも結構色々なバイトをやってきました。東大生の中だと比較的たくさん経験してるほうじゃないかと思うので、やったことあ…

『夜の来訪者』 怒涛の展開、突き落とす結末、鮮やかすぎる。

プリーストリーの『夜の来訪者』。小説ではなく、舞台劇を文字に起こしたものです。 普通ならまず手に取らない本ですが、尊敬する友人が絶賛していたので読んでみました。 なるほど、確かにすごかった。 舞台となるのはバーリング家。実業家の家庭で、裕福で…

AIという言葉はデカすぎる

AIという言葉があまり好きではありません。 僕自身はいわゆるAIについては全く詳しくありませんが、AI開発に関わっている人ほど「AI」という言葉を安易に使うことを避けるような気がします。 その背景には、ここ最近のブームのせいでAIという言葉が氾濫し、…

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 SFじゃなくて哲学の発表

『アンドロイドは電気羊の~』の翻訳が気になりすぎて全く進まない— muno@本と山 (@muno_blog) 2018年4月7日 これ、本当に傑作なのか?面白くなる気配があまりない— muno@本と山 (@muno_blog) 2018年4月7日 色々と文句をつけていた『アンドロイドは電気羊の…

買った本 4/11

積読本がしこたまあるのに、またブックオフで色々買いこんでしまった。 めだかボックスが最終巻だけ買えていないので、ブックオフに入荷していないかちょくちょく確認しに行っているんだけど、そのせいでちょくちょく買いこんでしまっている。そのくせめだか…

『憑物語』 <物語>シリーズ第10弾

西尾維新の<物語>シリーズから、『憑物語』です。 図書館で借りてきました。 今回はあんまちゃんと感想書かないと思うけど勘弁してください。 <物語>シリーズは普通に好きでいくらか読んできたんですが、図書館やブックオフにあんまり置いてないんですよね。…

『左門くんはサモナー』 沼駿先生の新作はまだですか。

『左門くんはサモナー』というマンガが大好きでして。 作者は沼駿先生。名前だけでも覚えて帰ってください。 主人公が悪魔の召喚士というまあ割と異色のギャグマンガで、絵柄も作風も人を選ぶ感じなんですが、僕は大好きでして。 なんだろうな、言葉選びがや…

Google Adsense の審査を通る方法

お気づきの方も多いと思いますが、少し前からこのブログには広告を表示しています。 一応はてなブログproに登録し、独自ドメインも取り、多少なりともお金を使って運営しているブログですから、その分だけでも回収できないかなーと思って。邪魔かもしれませ…

新年度やりたいこと

2018年度になりましたね。 と言っても、なったのは一昨日ですが。なんで一昨日書かなかったかといえば旅行中だったからで、なんで昨日書かなかったかといえば電子書籍のこと書いて満足しちゃったからです。 www.i-think-i-can.net では今年度の目標・や…

電子書籍について思うこと

初めに、僕はアンチ電子書籍です。紙の本至上主義と言ってもいいです。 特に高校生くらいまではそれが顕著で、電子書籍なんて認めねえって感じでした。 そんな僕も、ちょっとだけ電子書籍にも触れるようになりました。が、それでも紙の本のほうがずっと優れ…

独自ドメインにアクセスできなかった話

このブログ、ちょっと前に独自ドメインを取りまして、http://www.i-think-i-can.net というURLに変わりました。 www.i-think-i-can.net しばらくは問題なく運用できてたんですが、どうも昨日か一昨日ぐらいから上記URLにアクセスできなくなっていたみたいで…

月間2000PV突破

おかげさまで、タイトルの通り、 月間2000アクセスを突破しました。やったね。 まあ、読書記録とかよりも就活記事のほうにアクセスが集中してるんですけど。 www.i-think-i-can.net www.i-think-i-can.net たくさん見てもらえたのは嬉しいけど、結果として集…

サッカーファンも『君嘘』ファンも必読 『さよなら私のクラマー』

『さよなら私のクラマー』 『四月は君の嘘』の新川直司による、女子サッカーマンガです。 動きの少ない題材を扱った前作の雰囲気と、女子サッカーというやや捻ったチョイスから、サッカーを添え物にした学園マンガみたいのを想像していましたが、その想像は…

短編小説書きました 『山下との同居生活』

エブリスタで短編小説を書きました。エブリスタで書くのは2作目です。 estar.jp 完全に拙作という感じでアレなんですが、よかったら読んでもらえると嬉しいです。つまんないとかヘタクソとか詰っていいので。 短編のタイトルって難しいですね。思いつかない…