友がみな我より偉く見ゆる日

読書とか登山の記録とか

2018-04-17から1日間の記事一覧

『夜の来訪者』 怒涛の展開、突き落とす結末、鮮やかすぎる。

プリーストリーの『夜の来訪者』。小説ではなく、舞台劇を文字に起こしたものです。 普通ならまず手に取らない本ですが、尊敬する友人が絶賛していたので読んでみました。 なるほど、確かにすごかった。 舞台となるのはバーリング家。実業家の家庭で、裕福で…