本と山と東大生

理系東大院生の読書日記とそのほかいろいろ

新年は山を走るべき

あけましておめでとうございます。

「あけおめ」と略すのがなんとなく嫌いなので、新年の挨拶を省略したいときは単に「おめでとう」と言っています。

 

年末年始、いかがお過ごしだったでしょうか。

僕は大晦日から2日までがっつりバイト(飲食店の出前担当)していました。まあそれはね、自分でシフト入れたからいいんですけど。

なんで年末年始ってあんなに忙しいの?

大晦日は年越しそばを食え。正月はおせちを食え。他のものを食べるな。

 

 

で、ようやく暇になった3日。

丹沢山系の鍋割山にトレイルランニングに行ってきました。

鍋割山、かなりよかったです。

まず、登山口から山頂まで、登りに2時間・下りに2時間という手軽さ。距離も16キロくらいで、辛すぎず楽すぎずちょうどよかったです。

それから、山頂で鍋焼きうどんが食べられる!

正直、山で食べるからおいしいって程度のうどんが出てくるとしか思ってなかったんですが、具がアホみたいにモリモリ入ってて普通にめっちゃおいしかったです。たぶんアレは麓で食ってもうまい。絶対食べるべきなのでお金は持っていかないとダメです。1200円。

うどんを作るには、当然水が必要です。この水は山小屋の職員の方々が歩いて運んでくださっているわけなんですが、「登山者も協力して!」って感じで登山口近くに水が大量に置いてあるんです。スーパーとかで売ってる安い焼酎によくあるクソでかいボトルに水がパンパンに詰められてる。



f:id:bomberofmoon:20190111012132j:image

 

こんなん。4リットルくらいかな?

持てと言われると持ってしまうので、全員持って登りました。重くてきつくて最高。

山登る人なんて全員辛いの大好きなはずなので、みんな運ぶといいと思います。おじさんおばさん方にもちやほやされます。

でも水持ったら全然走れなくて、山頂が遠かった。鍋、割れねえ。ニセピークがいくつかあって、「鍋割れたか?」「割れねえ〜」ってずっとやってた。

 

新春トレラン、最高。

 

というような話をバイト先でしたら、なんで走るの?と聞かれました。「走ると早く登れますよ」って言ったら、意味わかんねえみたいな顔された。走ると早く登って早く下って早く温泉にジャポンできるので、走ったほうが得です。

 

新年は家でじっとしているより、山を走りに行くのがいいと思います。

 

前半書いたことと完全に矛盾したところで終わります。

今年もよろしくお願いします。