本と山と東大生(ぼく)

理系東大院生の読書日記とそのほかいろいろ

『左門くんはサモナー』 沼駿先生の新作はまだですか。

『左門くんはサモナー』というマンガが大好きでして。

f:id:bomberofmoon:20180405055253j:plain

 

作者は沼駿先生。名前だけでも覚えて帰ってください。

主人公が悪魔の召喚士というまあ割と異色のギャグマンガで、絵柄も作風も人を選ぶ感じなんですが、僕は大好きでして。

なんだろうな、言葉選びがやべえの。

 

f:id:bomberofmoon:20180405055610j:plain

こういうのとか。

 

f:id:bomberofmoon:20180405055721j:plain

こういうのとか。

ギャグマンガの例に漏れず、登場人物たちのキャラ付けが強めなんですが、そこから来る呼び名がイチイチいいんですよね。

 

f:id:bomberofmoon:20180405055954j:plain

「痩せた大地」(貧乳だから)

 

f:id:bomberofmoon:20180405060124j:plain

「盛り塩」(あちこちに塩を盛るエクソシストだから)

 

f:id:bomberofmoon:20180405060159j:plain

「インフルババア」(疫病をまき散らす悪神だから)

など。主人公は「カス虫」でその親友は「クズ」です。

 

f:id:bomberofmoon:20180405060320j:plain

こういうやつだからね。

 

ツッコミ役はヒロインです。天使ヶ原(てしがわら)さん。

 

f:id:bomberofmoon:20180405060455j:plain

かわいい。口は悪いけど。

 

ギャグマンガの紹介って難しい。シーンだけ切り取っても面白さが伝わらないし、下手に説明すると自分が滑ったみたいになるし。

なので、つべこべ言わず3巻まで読んでください。1巻2巻はまだ手探りな感じで、3巻くらいから勢い出てくるから。個人的には、3巻~6巻くらいが最高ですね。7巻あたりからはジャンプマンガ特有のバトル展開が増えてくるので、笑いの密度はやや落ちます。この人、バトルを描くのも普通にうまいんですが、『左門くん』の場合は画風が致命的にバトルっぽくないんですよね。面白いけど。

個人的に好きなエピソードは、

「左門くんは三国志では董卓が好き」(クズ王回。3巻)

「左門くんは命乞いの時の顔が見苦しい」(ドッジボール回。5巻)

「左門くんは民の希望を踏みにじる」(クズ回その2。5巻)

「左門くんは「服装も心なしかプリンっぽいな」と思った」(手羽先プリン回。6巻)

あたりです。やっぱり5,6巻あたりが一番活き活きしてる気がする。

ちなみに、1巻と2巻にはデビュー作である『モロモノの事情』も収録されています。これもなかなかよい。

 

『左門くん』は僕が一番楽しみにしているマンガだったんですが、去年の6月に最終回を迎えてしまいました。10巻まで続いたので打ちきりかどうかは微妙なところですが、大変悲しい。

ニッチなギャグマンガとしてはそれなりに人気はあったようなので、次回作もジャンプで出るんじゃないかと思ってるんですが、今のところ情報はありません。はよ。

 

実は僕、昔から沼駿先生のファンでして。

この人、マンガ家になる前はニコニコ動画で「カマトロP」という名前で『アイドルマスター』の紙芝居動画を投稿してました。『弱小事務所シリーズ』というやつです。

www.nicovideo.jp

 

僕はアニメから『アイドルマスター』を知り、ハマり、ニコニコに二次創作がたくさんあることを知り、動画を漁り、カマトロPの『弱小事務所』に行きつきました。このシリーズと、介党鱈Pの『ぷよm@s』は何度見たかわかりません。あとハリアーPも。

まあ今回は『アイドルマスター』について書きたいわけじゃありません。あくまで沼駿先生について。

 

沼駿先生のセンスはカマトロP時代から存分に発揮されています。というか、なんなら『左門くん』よりも『弱小事務所』のほうが好き。『左門くん』も大好きなんですが、それ以上に『弱小事務所』の完成度は異常です。

『弱小事務所』では、回を追うごとに画風がかなり変わっています。最後のほうは、『左門くん』やその前作でありマンガ家デビュー作の『モロモノの事情』に通じるデフォルメ寄りの絵になっていますが、シリーズ前半はもう少し写実的な画風で、僕はその頃のほうが正直好きです。超かっこいい。

カマトロPの動画は、the pillows が好きになったきっかけの1つでもあります。千早×MY FOOT の動画、大好きです。

www.nicovideo.jp

 

曲の使い方がうまいんですよねー。動画という形式のほうが向いてるんじゃないかと思えます。

『弱小事務所』はアイマス知らなくてもある程度楽しめると思うので、今からでも見てくれ……。

 

そういえば、「沼駿」という名前も、「カマトロ」が由来だそうです(正確には「カマトロ・バジーナ」が)。どうしてカマトロP→沼駿になったのかはカマトロPのツイッター見てください。さすがにツイッター載せていいかわかんないので探してみてください。簡単に見つかります。

沼駿先生は今でもアイマスが好きみたいで、『左門くん』内でもちょくちょくアイマスネタが隠れています。普通に読んでる限りは気づかないくらいですけど。

 

普通にカマトロPへのファンレターみたいになってしまいました。完全にオタクみてえ。

だって大ファンなんだもん。

新作待ってます。マンガも動画も。もうプロのマンガ家になられたので、ニコニコのほうは更新されないとは思いますが。

 

 

左門くんはサモナー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

左門くんはサモナー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)