本と山と東大生(ぼく)

理系東大院生の読書日記とそのほかいろいろ

東大生の教えるオススメのくつろぎスポット3選

こんにちは、底辺東大生のmunoです。意外と知らないオススメのくつろぎスポットを厳選して3つ、ご紹介します!

 

1. 自宅

f:id:bomberofmoon:20180312172646j:plain

やっぱり一番落ち着くのは自宅ですね。何と言っても(家賃などを考えなければ)無料なのが素晴らしい。朝目が覚めた時にはすでに到着しているのもポイントです。

一人の食事からデートスポットとしての利用まで、幅広く対応が可能。特にオススメの過ごし方は、こたつでダラダラすることです。

弱点は飽きること。

 

2. 自宅のトイレ

f:id:bomberofmoon:20180312172707j:plain

たとえ狭くても、それどころか多少汚くても、自宅のトイレにはそれなりに思い入れがあるはず。街には数多のうんスポ(うんちスポット)がありますが、自宅に勝るものはありません。

本やマンガを持ち込んで片手間に読むのもオススメ。ただ、あくまで本質はうんスポなので、トイレットペーパー切れにはご注意を。一人暮らしだと大ピンチ!

 

3. 自宅の布団

f:id:bomberofmoon:20180312172731j:plain

最強のくつろぎスポットです。目覚めと同時に到着どころか、目覚めた時には完全に包囲されていることで有名です。布団からの脱出は困難を極め、第二布団速度(布団の重力圏から脱出するために必要な速度)は現在も学会を賑わす研究テーマとなっています、

オススメの過ごし方は大きく2つ。朝、目覚めと二度寝の境界線で時間をギリギリまで攻めること。そして夜、うつらうつらしながら本やゲームを片手に最後の自由を謳歌すること。どちらも捨てがたい。

 

 

以上です。参考になれば幸いです。

 

この間に続いてのクソアフィまとめブログごっこ、失礼しました。そろそろ真面目な記事書きます。