東大生の読書記録

理系東大院生の読書日記とそのほかいろいろ

焼肉

日曜日、弟の就職祝いで家族で焼肉に行った。叙々苑なのでうまかった。

 

4つも下の弟に、就職で先を越されるとは思わなかった。こちらはまだ学生である。

弟は公務員になるらしい。立派である。

 

俺も最近は就職したい気持ちが強くなってきた。大学院に進学したことは後悔している。

それどころか、文系に進んでいればもっと楽に、もっと楽しく過ごせたんじゃないかとよく考える。

高校時代の得意科目は国語と社会だったので、文系でも東大に入れたとは思う。こういうことを書くのはすごくキモいけど。

別に文系をバカにしてるとかじゃなくて、そっちのほうが自分には向いてたかなーって。それだけ。

 

あーあ。論文読も。